世界一周旅人ブログ☆1000日間世界一周の旅

世界一周を1000日かけてじっくり回る世界一周旅人ブログ。写真や紀行文、実際に使った費用・予算など掲載
世界一周旅人ブログ☆1000日間世界一周の旅 HOME > カテゴリー [中国・広州から南寧編 ]



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




【世界一周旅人ブログもランキング参加中】
世界一周旅人ブログはランキングに参加してます下のリンクをクリックして頂くとランキングポイントが加算される仕組みです。クリック応援よろしくお願いします!
世界一周旅人ブログも参加してます海外旅行人気ブログランキング
世界一周旅人ブログも参加してますにほんブログ村 世界一周
世界一周している方や海外に在住している方などたくさんのブログが参加しています。有名ブログもここから誕生!

世界一周メンバーのブログも参加中です。→

もっちゃんのブログ
もっちゃんの世界一周旅行☆(海外で満身創痍編)
新婚hiroのブログ
世界一周新婚旅行☆ドキドキ地球放浪記
新妻ちゃっぴーのブログ
海外新妻通信☆ちゃっぴーの激安海外生活
[ --/--/-- --:-- ]世界一周旅人ブログHOME | スポンサー広告 | コメント(-)

中国・広州は食の都 

世界一周42日目・移動日(香港~広州)・中国15日目・代定酒店住宿に宿泊
2008年8月9日

当初、広州の宿はユースにしようと思っていた。ユースのドミが50元という情報だったが、広州の地図をくれたバックパッカーの話では駅から比較的近くてドミ20元の安宿があると聞いて教えてもらった。今日はそこを目指そうと思う。

宿の名刺をもらったのでそれだけが頼りだ。

中国側のイミグレーションを越えてバスを乗り換える。

乗り換えるバスを探してターミナルを右往左往した。バスの切符を買った会社の人がいてどのバスかジェスチャーで聞くと「あっちだ」というようなジェスチャーで指差した。その方向に行ってかたっぱしからバスの運転手に切符を見せたがどれも違った。

バスの出発時間に間に合わなかったらまずいので焦っていた。もう一度、私たちの乗ってきたバス会社の人に聞くとここで待てというようなジェスチャーで言われた。さっきの指差した方向にはいったい何があったのだろうか?

そんな疑問も感じたがおとなしく待った。どうやらそこで待てば良いらしい。右往左往していた私たち5人について来ていた欧米人も一緒に右往左往していたが、私たちが荷物を降ろして待っているのを見て彼も荷物をおろした。

その欧米人が話しかけてきた。彼はオーストラリア人で広州に1泊して北京に向かうらしい。オリンピックの応援にでも行くようだ。
我々一行はバスを待った。しかし時間になってもバスは来ない。バス会社のお姉さんも困っている様子だったので遅れているのだろう。30分ほど待ってようやくバスが来た。

バスに乗り込みここから2時間ほどで広州だと調べていたのでバスではゆっくり休んだ。景色を見ていると中国に帰って来たというのが実感できる。まず看板などの漢字が略字になり漢字だらけになる。雰囲気も香港とはだいぶ違う。

広州までの道のりはまだまだ発展中といった感じで新たな大きな道路の工事をしていたり、山だらけの景色の途中にいきなり高層ビル群が現れたりと中国がまさに発展中なんだというのがよく解る。

2時間ほどでバスが停車駅に止まり始めた。私たちはラッキーハウスのおじさんに駅に近いのは東方賓館という所で降りると良いと聞いていたので迷わずそこで降りた。

広州に帰ってきた。前回は乗り換えで降りただけだったのでまったく街を見ていない。今回は2泊してから移動する予定だ。

広州は中華人民共和国南部コワントン省(広東省)中央部にある省都であり華南最大の都市で、古くから対外交易の拠点として知られる都市だとエンカルタに書かれていた。

また、「食は広州にあり」と昔から言われているらしく、食材と料理法が多彩な広東料理の本場だということである。これは期待できる。

とにかくまずは紹介された宿を探そう。もらった地図と宿の名刺だけを頼りにまずは通りから探す。住所が駅前横路45番と書いてあるので駅前横路まで移動した地図で見る限り近い。

道に出たら今度は45番の建物を探す。建物に番号が書かれているのでその番号を見ながら進む。45番あたりまで来たら電話屋があった。そこの人に名刺を見せてジェスチャーで聞いてみた。

やさしそうな片言英語を話すおばさんが電話してくれ宿の人を呼んでくれたみたいだ。

しばらく待って宿の若主人がやってきた。彼も笑顔だ。

今までの中国ではあまり笑顔を見なかった。ここ広州の人は笑顔が多い。南下したから東南アジアに近づいたせいかもしれない。と勝手に解釈。

宿は電話屋からすぐ近くの建物のようで豪華そうなホテルの入口に入って行った。もしかしてここか?と思ったがそこは通るだけでホテル裏の団地のような建物に上がっていった。

もちろん階段しかなく4階まで上がった。

中に入ると若主人の奥さんらしき綺麗な若い女性と子供が二人ほどいた。あとおばあさんもいる。他の人は客か家族か識別不能。とりあえずアットホームな感じだ。

部屋を見たが値段のわりにとても綺麗で気に入った。ツインの部屋で60元。つまりシェアで1人30元。これは安い。

すぐにチェックインして一休み。今日はもう一仕事やらなければいけない事がある。

次の街、衡陽までの切符を買わなければいけない。前回、硬座の席を買ったが指定席が埋まっていた為、席なしの天座(天という漢字に似ている漢字)になってしまったから今回は早めに買って席を確保したかったからだ。

お腹もすいていたし、駅まで歩きながらどこかで店があったら入ろうと言う事にして4人で駅まで歩いてみた。地図で見る限り1キロも離れていない。

大きな駅まで続く道を進んでいくといくつか信号があるが、信号を待てず赤でも渡るのが中国スタイル。郷に従って周りの中国人と共にどんどん進む。

途中、歩道だか道路だか解らない道があったりと駅までの道は険しいがどんどん進む。

なんだか広州の街は埃っぽい。道路のアスファルトがちゃんと見えないような土ぼこりで覆われている感じだ。そして中国ではどこでもそうだが臭い。きっと下水があまりちゃんとしてないのかもしれない。
駅前の大通りは車専用のようで渡れないので地下道を行く。地下はなんだかガス臭い。ガス漏れでもしているんじゃないだろうか?

なんとか広州駅についた。広州駅の駅前はとても広い広場のようでそこら中が人で埋まっている。中国に帰って来た。

切符売り場も当然込み合っていた。列に並び順番を待つ。

案外早く順番が回ってきた。hiroが調べたのか中国語の写しで「衡陽行きの硬座4枚下さい」というメモを見せた。受付の人はそれを見て笑っていたが通じたみたいだ。でも、何か伝わっていないらしく駄目みたいだったので今度は「11日衡陽行き硬座4枚」と書いて見せてようやく買えた。

そして気になる指定席、切符を見ると席番号が書かれていた。これで席は確保できる。

これでとりあえずやる事は終ったので広州駅で解散し私はもっちゃんと食事をとりに行こうとした。しかし、もっちゃんはお腹が減りすぎてあまり食べれないと言うので宿の近くのコンビニで久しぶりの乳製品、飲むヨーグルトとパンを買い宿に戻った。

ちなみに飲むヨーグルトはかなり慎重に選んだ。

今日は久しぶりの移動で疲れたので早く寝よう。

宿の人たちはいつでも笑顔で迎えてくれる。風呂に入り早めに休んだ。

【本日の出費】(広州に到着してから)
○食費
夕食・菓子パン2つ 7元
飲物・飲むヨーグルト3.1元、オレンジジュース(ミニッツメイド)3.4元

○宿泊費
代定酒店住宿
ツイン 60元/2=30元

○交通費
電車の切符
硬座(広州~衡陽)44元

○観光費
街をぶらぶら散策プライスレス

○雑費
たばこ(中南海)5元
ビニール袋 0.2元
そういえば中国は買い物をしても袋に入れてくれない。有料かもしくは袋がない。

合計
92.7元
1元=15.5円計算
約1436円

中国滞在費合計
約29764円

1日平均(海外35日目)
約2772円
中国は頑張って節約すれば1日100元でなんとかなる。日本にして約1500円なので1000円以下にするには中国にも長くはいられない。
スポンサーサイト




【世界一周旅人ブログもランキング参加中】
世界一周旅人ブログはランキングに参加してます下のリンクをクリックして頂くとランキングポイントが加算される仕組みです。クリック応援よろしくお願いします!
世界一周旅人ブログも参加してます海外旅行人気ブログランキング
世界一周旅人ブログも参加してますにほんブログ村 世界一周
世界一周している方や海外に在住している方などたくさんのブログが参加しています。有名ブログもここから誕生!

世界一周メンバーのブログも参加中です。→

もっちゃんのブログ
もっちゃんの世界一周旅行☆(海外で満身創痍編)
新婚hiroのブログ
世界一周新婚旅行☆ドキドキ地球放浪記
新妻ちゃっぴーのブログ
海外新妻通信☆ちゃっぴーの激安海外生活

広州のローカル食堂 

世界一周43日目・中国16日目・代定酒店住宿に宿泊
2008年8月10日

広州は特に行きたい場所はなく観光の予定はなかった。

最近はあまり観光名所と言われる場所に興味がなくなった。むしろ宿周辺のローカル食堂に通って食堂の人と仲良くなったり、宿の人と話したりして地元の人と接する事に楽しさを感じるようになってきた。

ただ「食は広州にあり」と昔から言われているそうなので地元のローカル食堂には行きたい。

昼間でPC作業をして昼食をとりに近くの食堂へ行った。宿の若主人にお勧めの食堂を聞いたが結局探したが解らなかったので適当に入った。

入った食堂は、ご飯が盛られた皿におかずを何個か選んで皿に盛ってくれるシステムのようで量も多くて1皿10元とまぁまぁ安い。
盛り付けなどなくて皿にどさっと乗っけるだけなので見た目は悪いが味は良かった。

宿に戻るついでに地元スーパーで飲み物などを買って帰り、宿に戻ってからは溜まっていた日記をPCに打ち込んだ。これが結構大変だがブログにアップする記事だし、旅中の唯一の仕事なので頑張る。

15時、小腹が空いたのでおやつを買いにスーパーへ。中国のおかしは失敗する可能性が高い。お菓子を選ぶ際はよく吟味してから買わなければ食べてから後悔する。もっちゃんと二人でよく吟味して1つづつ買った。

もっちゃんの買ったピザ味だというお菓子はまったくピザ味でなく若干甘いおかきのようなものだった。私の買ったビスケットのようなものも、想像では甘いクリームがクッキーのようなものにサンドされているものだと思ったが、ただのクラッカーで甘くなかった。
今回のお菓子は失敗だったようだ。でも、食べれない味ではなかったのでよしとする。

夕方までまた日記をPCに入力する作業をする。少し疲れた。そして日中はエアコンではなく扇風機だけなのでこれもまた辛い。香港や広州あたりは沖縄より南なので常に蒸し暑い、暑さは慣れてエアコンなしでも大丈夫だが辛いのは暑さよりもべとべと汗をかくことだ。

Tシャツも3枚しか持ってないので毎日洗濯しないと追いつかない。ただ洗濯できない日があると同じのを着るしかないので大変だ。
べたべたしながらもなんとかPC作業完了。

すでに日も暮れはじめお腹も空いてきたので夕食に行った。夕食は昼に見つけた桂林焼きうどんがあるお店に行く事にした。この桂林焼きうどん(中国語だと炒桂林米粉)はマカオでも食べてとてもおいしかったのだ。現段階で、これまで食べた料理ベスト3に入るだろう。

同じ味か解らないが、はずれはしないだろう。

その食堂はとても小さな食堂だった。

その焼きうどんと、私は五香なんとか面というのを注文した。私の頼んだ麺はサイズが選べて量が解らなかったので「中」にしておいた。

入口で注文し中に入って待った。中国の食堂での注文方法はだいたい入口で注文してお金を払い、席について待つスタイルのようだ。
料理が運ばれて来た。見た目は違うが焼きうどんだ。味もまぁまぁいけるが、なんだか広州あたりから油の量が増えてきた気がする。私の頼んだ麺もまぁまぁおいしかった。量も多かったので「大」にしなくて良かった。しかし、安い。ローカル食堂はこれでやっていけるのだろうか?それくらい安い。

お腹一杯になり、スーパーへ買出しに。明日は衡陽に移動で8時間くらいかかりそうな距離の為、車内で軽く食べられるものを買った。中国のパンは今まであまりおいしいものがなかったので今回はクッキーやビスケットのようなものにした。

宿に帰りごろごろしていると宿の若主人家族たちが騒がしい。そして誕生日の歌を歌っている。誰かが誕生日のようだ。

ここの宿は部屋からでるとリビングに出る。リビングはだいたい若主人の家族がくつろいでいる。奥さんと子供、そしておばあちゃんまでは家族と解るが、ほかの人は客なのか家族なのかいまいち解らない。

風呂に入ろうとリビングを横切ろうとしたら奥さんがケーキを分けてくれた。どうやらこの家族の子供が誕生日だったようだ。

ケーキを部屋でもっちゃんと食べて皿を返してお礼を言うと若主人が椅子を出してタバコをくれて、そして家族の輪に混ぜてくれた。

何を話しているのかまったく解らないが、でもジェスチャーなどでなんとなく意思の疎通をした。こんな見知らぬ外国人である私を混ぜてくれるなんて良い家族だ。

若主人が、鳥の手に味をつけた加工食品をくれた。鳥の手まるまるで見た目は結構気持ち悪いので今まで避けてきたが、中国人はこれをよく食べている。

この家族も小さい子供から大人までおいしそうにしゃぶりついている。私も真似して食べて見た。とても辛い。

私が「辛い!」というような顔をしたのを家族が見てみんな笑った。今日誕生日だという10歳の子は、この鳥の手にしゃぶりついていた。

hiroたちもケーキをもらったようで皿を返しに来た。そしてhiroたちも混ざり、部屋にいたもっちゃんも混ざり、みんなで宿の家族の輪に入れてもらった。

後ろから日本語で話しかけられた。びっくりして見ると香港のラッキーハウスで、ここの宿の事を教えてくれた若いバックパッカーがいた。

彼も広州に戻ってきたようだ。

彼も入れて5人で写真を撮った。彼は広州から昆明に行くそうだ。しかし、香港で出会って別れて広州でまた再会するなんて旅っておもしろい。

きっとこれからも旅を続けているとばったり誰かに会うんだろうな。そう思うとなんだか楽しくなってくる。

外国を旅していて日本語で会話が出来る安心感はたまらない。

夜も遅くなってしまい結局風呂に入らずに寝た。


【本日の出費】
○食費
朝昼・ローカル食堂のランチセット10元
夜・五香なんとか面 中 6元
おやつ・クラッカー2元
飲み物・水1.5リットル 1.6元、水550ml 1元、レモンティー490ml 2.8元
移動用食料 3.6元

○宿泊費
代定酒店住宿
ツイン 60元/2=30元

○交通費
なし

○観光費
なし

○雑費
トイレットペーパー2個入り5.5元/2=2.8元

合計
59.8元
1元=15.5円計算
約927円

中国滞在費合計
約30691円

1日平均(海外36日目)
約2721円
少しずつは下がってはいるがまだまだだ。



【世界一周旅人ブログもランキング参加中】
世界一周旅人ブログはランキングに参加してます下のリンクをクリックして頂くとランキングポイントが加算される仕組みです。クリック応援よろしくお願いします!
世界一周旅人ブログも参加してます海外旅行人気ブログランキング
世界一周旅人ブログも参加してますにほんブログ村 世界一周
世界一周している方や海外に在住している方などたくさんのブログが参加しています。有名ブログもここから誕生!

世界一周メンバーのブログも参加中です。→

もっちゃんのブログ
もっちゃんの世界一周旅行☆(海外で満身創痍編)
新婚hiroのブログ
世界一周新婚旅行☆ドキドキ地球放浪記
新妻ちゃっぴーのブログ
海外新妻通信☆ちゃっぴーの激安海外生活

広州から衡陽へ順調に移動 

世界一周44日目・中国17日目・移動日(広州→衡陽)・包相雅座に宿泊
2008年8月11日

日本人の場合、中国は2週間はビザなしで入国できる。その為、私たちは2週間でベトナムまで抜けたい。一度中国に入国したらタイムリミットの2週間の間、進み続けなければいけない。

今日は、広州から衡陽に移動する。通常、広州から桂林まで直行で移動する方法が一般的のようだが長距離の移動は大変だし1人ならまだしも4人での移動の場合、みんなの体力を考慮しなければいけない。

その為、中継地点を選び一回の移動距離を短くしてなるべく楽な移動を心がけている。今回、中継地点に選んだのは衡陽という街だ。
ただ、中継地点だから通常は通過する街なのであまり旅人が立ち寄らない。観光客がほとんどいない分、街の人にも珍しがられたり観光地では見れない本当の中国のような部分が見れたりして結構面白かったりする。


出発前に軽く朝食を取ろうと思い、昨日見つけた5角の肉まん屋に行った。10角で1元になるので5角というの今までの街にくらべ破格の値段だった。

肉まんは2口くらいで食べれる小ささだったが、おいしかった。肉まんとチマキで1元だ。

今回の電車は指定席が確保出来たので少しは安心だ。準備をして宿の若主人と挨拶をして握手をした。ここの宿の家族には本当に良くしてもらった。

さっそく広州駅に向かう事にしたが、hiroたちは歩いて行くと言うので私ともっちゃんはこれから8時間の硬座での移動を考慮してタクシーで駅まで向かった。

中国の硬座でのやり過ごし方として今までの経験では、まず指定席を確保する事。ただし、席に座っていても背もたれが直角だしクッションも効いてないので長時間座っているのはとても疲れる。

ボックス席のようになっているので周りの人とうまく過ごす為に私の場合、荷物をとってあげたり座席がない人に少し座らせてあげたりなど周りの人と助け合うようにしている。そうすると自分にも良くしてもらえる。

電車に乗り込み自分の席に行くと若い男性が座っていた。彼はきっと前回の私たちのような無座の切符の人だ。自分の切符を見せるとどいてくれた。

私は前回、無座で周りの中国人に席を譲ってもらったりいろいろよくしてもらった。だから、私も同じようにその若い男性に誰かがトイレに行ったらその間座らせてあげたりなど自分がしてもらったようにしてあげた。こういう時はもちつもたれつだ。

そしたらその人がタバコをくれた。前回は一応列車と列車のつなぎ目が喫煙所のようでそこでタバコを吸っていたが、今回は動けなかったのでついに人民同様に車内でタバコを吸った。

私の向かい側に座っていた家族が途中で降りた。そして空いた座席に座ってきたおっちゃんがダウンタウンの浜田に物凄く似ていた。その瞬間、そのおっちゃんは浜田と名づけた。

そっくりすぎて面白かった。

車窓から見る風景はとてものどかで田んぼばかり続いている。水牛も放し飼いなのかのんびり自由に歩き回っていた。

衡陽には泊まる場所があるのだろうか?少し不安になってきた。

衡陽の手前の駅で乗客が一気に降りた。浜田もここで降りるようだ。少し街のようだが田舎の町と言った感じで何もなさそうだ。衡陽への不安がまた高まった。

そして車内には、なぜか大音量でバラードの歌が流れまったく意味が解らない。バラードは何曲か流れて終った。

そしてようやく衡陽に到着した。駅を出ると意外と大きな街の様で安心した。すぐに宿を探しに行く為に、もっちゃんとちゃっぴーに荷物番を頼みhiroと一緒に出発した。

駅周辺にはたくさん宿があり、見つけるのは簡単だった。何軒か宿を回り納得できる値段の宿で部屋を見せてもらうと、部屋にシャワートイレがあり気に入った。ツインで70元。ただシャワートイレ付きの部屋は1部屋しか開いておらず夜23時まで空かないと言われた。

23時なら待つ事にして開いている部屋に荷物を入れて4人で待機した。

ここまで来るのに汗もたくさんかいた。今回の電車は空調がなく暑かった。そして腕や足に何かに刺されたのかぼつぼつがたくさんできてとても痒い。私は早くシャワーを浴びたかった。

とりあえずお腹も空いていたので夕食を宿の下にある食堂でとり、部屋で23時まで待った。部屋は汚いわけではないがなんだかぼろい。それとゴキブリが多くてただでさえ疲れているのに少しうんざりした。

23時になり宿の人に部屋を空けてくれと言いに行くと今度は1時だと言われた。話が違うと思って言い返そうとしたが中国語が解らないしなかなか意思が伝わらず完敗。

仕方なく1時まで待つ事にした。

その間、ビールを買いに行き飲んだ。疲労と痒さと汗でべたべたでもう限界だ。

ようやく深夜1時、部屋が空きそれぞれ部屋に移動してシャワーを浴びることが出来た。

すっきりして痒いところに薬を塗った。エアコン付きの部屋だが19度に設定されていてリモコンはない。寒いのとゴキブリがいるという事もあり寝袋を出して寝た。

南昌以来の安宿で、久しぶりに不安な夜だ。

就寝。


【本日の出費】
○食費
朝・肉まんとちまき1元
昼・車内で買ってきたビスケットを食べる
夜・チャーハン5元、三鮮麺5元/2=5元
飲物・オレンジジュース3元、水1.5元
お酒・瓶ビール630ml 4元

○宿泊費
包相雅座
ツイン 70元/2=35元

○交通費
タクシー(宿から広州駅)9元/2=4.5元

○観光費
なし

○雑費
タバコ 2個6.5元

合計60.5元
1元=15.5円計算
約937円

中国滞在費合計
約31629円

1日平均(海外36日目)
約2672円
中国の奥地に行けば行くほど物価が下がっていくようだ。



【世界一周旅人ブログもランキング参加中】
世界一周旅人ブログはランキングに参加してます下のリンクをクリックして頂くとランキングポイントが加算される仕組みです。クリック応援よろしくお願いします!
世界一周旅人ブログも参加してます海外旅行人気ブログランキング
世界一周旅人ブログも参加してますにほんブログ村 世界一周
世界一周している方や海外に在住している方などたくさんのブログが参加しています。有名ブログもここから誕生!

世界一周メンバーのブログも参加中です。→

もっちゃんのブログ
もっちゃんの世界一周旅行☆(海外で満身創痍編)
新婚hiroのブログ
世界一周新婚旅行☆ドキドキ地球放浪記
新妻ちゃっぴーのブログ
海外新妻通信☆ちゃっぴーの激安海外生活






前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み
世界一周旅人ブログへようこそ!
海外情報盛りだくさん人気ブログランキングは海外在住の方からお得情報まで何かと便利です。
【世界一周参戦中】

人気の世界一周ブログや旅行ブログが勢ぞろい♪
▼▼▼▼▼

日本最大人気ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


▲▲▲▲▲

旅人けーすけは、どこまで上位に食い込めるのか!?

これまでのご訪問者数
世界一周旅人ブログご訪問ありがとうございます。
旅人プロフィール

けーすけ

旅人:けーすけ
千葉県出身。
昭和55年生まれA型の自由人。
お酒好き。映画好き。音楽は洋楽を聞く事が多い。
脚本等を書いたりしてた時期があり、その頃は主にコメディ中心だった、今回の旅ブログは記録としても残したいので紀行文的な文章に初挑戦。また、写真にも挑戦!
2008年6月中旬に世界一周への旅へ出発!

メールフォーム
ここから送信されるメールは直で、旅人けーすけに届きます。旅中に使用するアドレス宛なので、応援や情報提供、お仕事関係などお気軽にご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

世界一周旅人ブログ内の全ての画像の著作権は旅人けーすけに帰属します。無断で複写、転用、転売をすることは禁止させて頂きます。ご用の際はお気軽に上記メールフォームからお問い合わせください。
This blog is...
世界一周旅人ブログは、主に陸路を中心とした世界一周の旅をしながら更新していく旅行記です。旅人けーすけは、1000日間1日平均1000円(ビザ代や大きい移動は除く)の旅を予定しています。旅の予算は160万円ほどです(旅に出る前にかかる費用は含みません)。それ以上の予算を想定している方はもっと贅沢できます。それ以下の予算の方は、日数を減らすかもっと節約する必要があります。参考にする際の目安にして下さい。※追記※1日平均1000円を目指していましたが、実際にこの金額で旅をするなら食事と宿代で1日の予算が終わるという感じで不可能ではないですがあまり楽しくないです。緊急会議の結果日数を700日に減らして1日平均1500円を目指す事に変更します。その分、思いっきり楽しむ事にしました。ブログ名は検索する人が多いので変更しません。(2008/8/27)
世界一周ブログ携帯版
世界一周QRコード
携帯からでも世界一周ブログが見れます。世界一周旅人ブログモバイル版へアクセスしてね
asphalt frustration
通称アスフラ♪おしゃれでポップなバンドです。ここのバンドのボーカルれお君とドラムのきくち君とは一緒に仕事をしてました。私はバンドはやってはいないけど好きな事を一生懸命やっているという意味で同じ人は応援したいです。旅にもiPodに入れて彼らの音楽を持っていきます。知り合いだからとかじゃなくて、普通におすすめできるバンドなのでチェックしてみては?

アマゾンでも高評価♪バンドのメンバーじゃないけどなぜか嬉しい
Asphalt Frustration

2

UNDO, PRAY

アスフラ公式HP
asphalt frustration official


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。