世界一周旅人ブログ☆1000日間世界一周の旅

世界一周を1000日かけてじっくり回る世界一周旅人ブログ。写真や紀行文、実際に使った費用・予算など掲載
世界一周旅人ブログ☆1000日間世界一周の旅 HOME > カテゴリー [中国・上海から広州編 ]



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




【世界一周旅人ブログもランキング参加中】
世界一周旅人ブログはランキングに参加してます下のリンクをクリックして頂くとランキングポイントが加算される仕組みです。クリック応援よろしくお願いします!
世界一周旅人ブログも参加してます海外旅行人気ブログランキング
世界一周旅人ブログも参加してますにほんブログ村 世界一周
世界一周している方や海外に在住している方などたくさんのブログが参加しています。有名ブログもここから誕生!

世界一周メンバーのブログも参加中です。→

もっちゃんのブログ
もっちゃんの世界一周旅行☆(海外で満身創痍編)
新婚hiroのブログ
世界一周新婚旅行☆ドキドキ地球放浪記
新妻ちゃっぴーのブログ
海外新妻通信☆ちゃっぴーの激安海外生活
[ --/--/-- --:-- ]世界一周旅人ブログHOME | スポンサー広告 | コメント(-)

上海は暑かった 

世界一周8日目・中国1日目・移動日(蘇州号→上海)船長青年酒店に宿泊
2008年7月6日



中国時間になったので日本時間の朝7時に起きると中国では朝6時に起きた事になる。時計をみんなで中国時間に変更した。

無料の朝食をとり到着を今か今かと待つ。また今日も岩崎さんやほかの日本人の方と話をしていた。甲板にでると水面の水の色が変わった事に気づく、青ではなく茶色だ。明らかに水が泥色だ。
そして長河を上っていくうちにたくさんの船が停泊しているのが見えた。いよいよ中国上陸だ。それにしても蒸し暑い、上海は東京より2度か3度くらい気温が高いらしいが、今日は最高気温が38度だと書いてあった。どうりで暑いわけだ。

途中、中国海軍の軍艦と思われる船団が停泊していたのには驚いた。大きい船から小さい船まで、この河を行き来している。それを見てるだけで楽しい、たまにすれ違う船の船員が手を振ってくれたりするので、それに応え私も手を振った。

しばらくすると、写真やテレビで見た事がある上海の建物がどんどん近づいて来た。一番上の甲板に上り写真を撮った。みんな同じ考えで欧米人のバックパッカーたちも撮影をしていた。



その中の1人に話しかけた、彼はイングランド人でジェームスと言っていた。少し日本語も話せる人だったのでお互い片言の日本語、英語で会話をしていたので比較的楽だった。

お昼の12時、ついに上海に到着した!

下船には時間がかかるようでみんな船の昇降口付近で待っている。その間に、上海在住の日本人、あの話し好きのおじいさんと話をした。浦江飯店という安宿に行こうと思っていたので、おじいさんに浦江というのを中国語でなんて読むのか聞いてみたのだ。
そしたら、浦江飯店は少し前に改装され今は高いホテルになってしまったと教えられた。当てにしていただけに焦った。あの重い荷物を背負って泊まる所がなければ本当に路頭に迷う事になる。
すると、ちょうど私たちと同じようなスタイルで旅をしている日本人がいるとおじいさんに紹介されその人にいろいろ情報をもらった。どうやらどの人達も安宿に行くと言うので聞いたら第二候補だったユースホステルだった。

その人にお願いして一緒にそこまで同行させてもらうことにした。やはりどんどん聞いていかないと情報は何も得られないという事を痛感した出来事だった。

税関も無事とおりついに上海の街に降り立った。遠くから見ていた上海はスモッグがかかり全体的に霧が出ているような感じなので、すごく蒸し暑い。日本で言うところの光化学スモッグ注意報が出ている状態だと思う。

上海はとおても近未来的な建物が多い反面、古い建物なども多くあり面白い街だ。ただ、汚い。

歩いて目的のホテルまで行くという事なので私たちもそれに従った。が、ここでバックパッカーの旅の大変さをさらに痛感した。一緒に同行させてもらった日本人の方達は荷物も少なくすいすいと進んでいく。私はついていけても、もっちゃん、ちゃっぴーはかなり辛そうだった。hiroもだいぶ遅れをとっていた。

これが旅なれた人と、私たち初心者パッカーの差なのか!?そういう体験だった。地図を渡され道行く人に聞きながら目的地付近まで来た。そして、限界そうだったもっちゃん、ちゃっぴー、hiroに休んでもらっておきながら荷物番をしてもらい私は荷物を下ろし付近を探すことにした。こういう時は、助け合うしかない。
かなり暑いし、熱中症などになっては大変だ。水分を採らせ日陰で休んで待っていてもらったほうがいい。

身軽になった私は、いろいろな人に聞きながら進んだ。が、結構みんな適当に方向を教える。というのは、どんどん違う方向に進んでいって、また戻る方向を指差され、結局あたりをぐるぐる回されたからだ。これには参った。

だが、一緒に同行させてくれた日本人の方は「道を聞くならこういう人や(大阪の方だった)」と言って屋台のおやじに道を聞いてくれた。そしたらようやく方向的にも確かな方向を教えてくれた。

言われたとおりに行くと、あった!見つけた!

中に入るとクーラーが効いていて生き返った気分だ。だが、カウンターにはチェックイン待ちの旅人がずらーっと並んでいた。面白いことに、船で一緒だった欧米人バックパッカーのほとんどがここにいた。このユースホステルは上海でもたぶん一番安い所だと思う。中国では外国人が泊まれるホテルが決まっていて、高いホテルから安いユースまであるが、中国人が泊まれる更に安い宿もあるみたいだ。ちなみに、目的のホテルは1泊65元・ユース会員55元という価格だ。

船で一緒だった彼らはタクシーで来たらしい、私が歩いて来たと言ったらびっくりしていた。

とりあえず場所が解ったのでみんなを連れてきた。

そしてチェックインをしようと並んだ。

やっと自分の番になりチェックインを試みた。

だめだった…。

ベッドが残り2つだと言われた。

困っていると、受付の人が近くで同じくらいの値段のユースに連絡してくれて予約をしてくれた。

助かった…。

またしても途方にくれる所だった。


一緒にここまで同行させてくれた大阪人の方(名前は伺わなかった)は予約していたらしく宿泊ができるのだが私たちを見て気の毒になったらしく、これから向かうホテルを一緒に探してくれた。本当にありがたかった。いろいろなアドバイスも頂き感謝だ。彼は3日ほど上海に滞在して北京に向かうらしい。

私たちはこの疲れ具合からしても3日の予定だったが5日ほど滞在するかもしれない。

結局、今夜泊まることになったのは「船長青年酒店」というユースホステルで1泊ドミで70元、ユース会員だと65元、ユース会員はここでもなれて50元で会員になれるのでユースを5泊以上利用するなら会員になるのがお得だ。明日作る事にした。

とりあえず宿がとれたのでほっとした。



部屋は8人部屋男女混合のドミトリーで、部屋に入るとイングランド人という青年がいた。部屋はとてもきれいでベッドも広くて快適なホテルだと思う。

中国で「飯店」や「酒店」はホテルを意味するらしい、そして「大飯店」のように大が頭につけばグランドホテルというような感じみたいだ。

部屋に荷物を下ろし、昼食が結局食べれなかったのでみんなお腹がへっていた。近くの店に食べに行こうという事になり少し街を散策した。適当に地元の人が食べていて安そうな店に入った。



メニューをもらったがまったく読めない。

英語も通じない。

中国語炸裂。

これにはちょっとびっくりした。でも、店員の青年がいろいろ一生懸命中国語で説明してくれるがさっぱり解らない。仕方ないので店内にある料理の写真や、ガラス越しにあるおかずなどを指差しながら選んだ。

ほかのみんなも苦戦しながらも頼んだ。

3つ頼んだのだが、料理が4つ来た。きっと4人だったから店員が4つと思い込み選んでくれていたんだろう。中国語がわからないので気がつかなかった。

私が食べたのは冷麺(冷面)で具を2つ選ぶタイプのものらしく肉みたいな具と、がんもどきのような具を選んで食べてみた。日本で食べる中華料理とはまったく違う。それに冷麺も日本で知っている冷麺ではなく平たいうどんのような麺に酸っぱいような、しょっぱいようなタレがかかっており、その上に頼んだ具が乗っていた。これがなかなかおいしかった。

なんだか食べ物とかに関しては結構いけそうだ。お腹もまだ壊していないし安心した。

冷麺と具で10.5元。1元が約15円だとすると160円くらいだろうか?量も1人前はあるので安い。

帰りに一生懸命説明してくれたお兄さんに電子辞書の中国語辞典で「おいしかったです」という中国語を表示してみせた。お兄さんはとてもうれしそうだった。

中国語はなんだか怒っているようだと、甲板で話したイングランド人も言っていた。それに少し乱暴な所もあるので不機嫌なの?と思うが、彼らにとっては普通なんだろう。

夕食後、久々にシャワーを浴びた。

洗濯もした。

隣がファミリーマートなので水はそこで購入できる。550mlのペットボトルで1元から売っている。安い。この水のお世話になろうと思う。

トイレには紙がないのでコンビニで買った、安いので2.4元。

ここのユースホステルは、中国系の人と欧米人だらけなので人付き合い的に少し大変だ。でもユースホテル自体はかなり居心地はいいと思う。

暗くなってからhiroと二人で上海の街を少しうろついた。治安は結構良さそうだ。観光客っぽい人も結構歩いている。コンビニで缶ビールを買ってユーラシア大陸到着を祝った。

現在深夜1時になってしまった。こうして日記を書いているがいつブログにUP出来るのだろうか?

ちゃっぴーともっちゃんは寝てしまった。今日はだいぶ疲れているようだ。

欧米人たちは、ちょっと前くらいから起き出したようでこれから遊ぶ時間みたいだ。

今日は私ももうすぐ寝る。

上海はとてもあつかった。


【本日の出費】
○食費
朝:無料(蘇州号)
昼:食べる時間がなかった
夜:地元のお店で具のせ冷麺10.5元
飲み物:水ペットボトル1元×2本、缶ビール2.5元

○宿泊費
船長青年酒店 1泊ドミ70元
デジボット 100元(チェックアウト時にもどってくる)

○交通費
徒歩の為なし

○雑費
トイレの紙2.4元

合計
187.4元
15.5円換算=2905円

中国滞在費合計
2905円

1日平均
2095円
スポンサーサイト




【世界一周旅人ブログもランキング参加中】
世界一周旅人ブログはランキングに参加してます下のリンクをクリックして頂くとランキングポイントが加算される仕組みです。クリック応援よろしくお願いします!
世界一周旅人ブログも参加してます海外旅行人気ブログランキング
世界一周旅人ブログも参加してますにほんブログ村 世界一周
世界一周している方や海外に在住している方などたくさんのブログが参加しています。有名ブログもここから誕生!

世界一周メンバーのブログも参加中です。→

もっちゃんのブログ
もっちゃんの世界一周旅行☆(海外で満身創痍編)
新婚hiroのブログ
世界一周新婚旅行☆ドキドキ地球放浪記
新妻ちゃっぴーのブログ
海外新妻通信☆ちゃっぴーの激安海外生活

国際交流そしていきなり旅中断!? 

世界一周9日目・中国2日目・上海・船長青年酒店に宿泊
2008年7月7日



朝起きると、空いているベッドに二人のイタリア人がやってきた。1人は陽気で仲良くなれそうなタイプで、もう1人はジャン・レノのような感じの紳士的なタイプだ。

部屋には私たち4人と昨日の夜遅くに泊まりに来たどこの国の人か解らない女性と、最初からいたイングランド青年の6人が寝ていた。イタリア人の陽気な方と目が合うと笑顔で挨拶してきた。
イタリア人はほかのみんなを起こさないように荷物を中に入れ、喫煙所で一服していたので話しかけた。すごくいい人達で陽気な方はクリスチャン、ジャン・レノ風の方はガブリエルと言うらしい、自己紹介を軽く済ませ朝食を取りに行こうとしたら、hiroが調子が悪いと言う。

少し心配だったが寝てれば良くなるだろうと思って寝かせておいて、もっちゃんと、ちゃっぴーの3人で近くの店に食べに行った。

中国語は相変わらずまったく解らない。筆談で伝えることがぎりぎり出来るぐらいなので料理の注文は写真を指差すか、誰かが食べているのを指差して伝える感じになる。

ショウロンポウと、揚げパン、ワンタンスープの3つを注文した。どれもおいしく、今回はひとつもハズレがなかったので3人で全部平らげた。



とりあえず今夜も船長青年酒店に宿泊する事にしてフロントに言いに行き宿代を払った、どうやら毎回チェックアウトの12時までに申し出れば連泊できそうだ。その都度、宿代を払えば宿泊できる。今夜の宿を確保したので、昨日泊まれなかったユースホテルに行き明日からの予約をしに行く事にした。

ここから歩いて15分くらいで、昨日歩いて来たので道は覚えた。今、宿泊しているところよりも10元ほど安いので早く移りたい。10元は日本円で150円ほどだが、ちょっといい食事が1回出来るような値段なので貴重なのだ。

ちゃっぴーを残し、もっちゃんと二人で向かった。少し歩いた所でちゃっぴーが走って追いかけて来た。一緒についていきたいというので3人で向かった。今日も上海は暑かった。少し歩くと汗が吹き出るし、バイクや自転車の量も多く車のクラクションが鳴り止まないほどあちこちで鳴っている。

上海は、暑くて騒がしくて空気が悪い街のようだ。

私たちが泊まっているエリアは上海でも高級なエリアらしく昔イギリスが統治していた為に建物は洋風なものが多い。

しばらく歩きようやく昨日の宿に到着した。船で一緒だったスウェーデン人のカールが居たので挨拶をしてカウンターの人に予約が出来ないか聞いてみた。だが、今現在は満室で明日の12時に何人チェックアウトするかどうかで入れるか解るらしい。明日の12時にまた来てくれと言われた。

このまま帰るのもなんだか無駄足になってしまうので私たちはタクシーを拾い上海の中心だという人民広場に向かった。



ついてみて驚いた、日本の渋谷とか東京駅前のビジネス街のようなかなり都会的なビルが立ち並び大きな公園とショッピングビル、歩行者天国が出来るようなスペースに、スターバックス、ピザハット、マクドナルドなど外資系の店がずらりと並んでいる。

ここは日本と変わらない。

公園で涼んでいると、平日の昼間から暇を持て余したおじさんたちが将棋などをやっている。それに日陰にはごろごろ寝ている人が結構いる。

この人たちは一体何をしているのか?仕事がないのか?そんな事を気にしつつぶらぶら歩いた。



お昼近くになり、お腹も空いてきた。hiroの様子も気になったので一旦宿に帰る事にした。

帰るとhiroはまだぐったりしていた。食欲もないみたいだ。もっちゃんも昼寝をしたいらしく、ちゃっぴーも食欲がない。

仕方ないので朝行った店に1人で食べに行った。店は朝と比べものすごく混んでいてなんとか席に座りラーメンを写真を見て頼んだ。
出てきたラーメンはまったく日本とは味が違うし味もよく解らないくらい薄くて、なぜかナッツのようなのが入っていた。食べれなくはない味なのでとりあえず食べていると、不思議なことにだんだんおいしく感じられるようになる。一体あのスープはなんなんだろう?スープとナッツの香ばしさが絶妙に合う。

宿に戻ると、ちゃっぴーが心配そうに旅に出る前に入った海外旅行保険の冊子を見ていた。hiroが熱も出てきたらしい。hiroとちゃっぴーは中国のお金が残り少なくなっていたのでまず両替をしてから保険会社に電話する事にした。

両替は宿の隣が銀行なので16時までに行けば簡単に日本円を中国元に変えられる。ちゃっぴーは1人で両替にチャレンジしていて後ろで私がやり方を教えながらも1人で両替が出来た。

そして宿に戻り保険会社の冊子にのっている中国での連絡先に連絡してもつながらない。やり方が間違っているのか、使われてない番号なのか?カウンターにいる宿の人に聞いてもなかなか英語力が足りず理解できない。カウンターの人が変わりに電話をかけてくれようやくつながった。どうやら電話のかけ方が間違っていたようだ。

近くの病院を紹介してもらって、なおかつ通訳も出来なおかつサポートまでしてくれる現地スタッフも派遣してくれるという事になった。保険は本当に困った時はかなり役に立つんだと再確認した。

hiroとちゃっぴーは病院へ行った。しばらくたってちゃっぴーから電話が宿にかかってきてhiroが点滴をする為に入院するという事になったと言われた。私も日本で調子が悪かったり熱が出るとすぐに点滴をお願いしてやってもらう時がある。点滴をするとすぐに気分もよくなり熱も下がるのは知っていたので安心した。

きっと初めての海外、猛暑の中の移動、嫁であるちゃっぴーへの気遣い、慣れない食事、環境、そういった全てのものが合わさって体調を崩してしまったようだ。

明日になれば元気になるだろう。予期せぬ病気とかじゃなくて本当によかった。たくさん休めば回復できるので少し安心した。

昨夜から泊まっている何人なのか解らない女性ともっちゃんの3人で部屋にいる時に、女性が話しかけて来た。英語の発音がとてもわかりにくい感じだったので、どこから来たのかを聞いたらカザフスタンと言った。どうりで英語が聞き取りにくいわけだ。

でも、中国で生まれたらしく中国語も話せるようだ。日本でも働いていたような話をしていて、雰囲気的な感じから夜の仕事をしていたのではないだろうか?と勝手に自分で納得した。でも、話すと気さくな感じの人で、パンツが丸見えでもへっちゃらといったような感じ。

日本人の血も少し混ざっているような事を言っていた。でも、英語の発音が聞き取りにくいので間違っているかもしれない。

夜、イタリア人のクリスチャン、ガブリエル、カザフスタン人のヌルグルともっちゃんの5人でお互いなれない英語会話で楽しく話が出来た。なんだかこの二人組みのイタリア人とは仲良くなれそうだ。家族の写真を見せたり、電子辞書の自動音声機能でイタリア語を話すと爆笑していた。そしたらヌルグルが、カザフスタン語はないのか?と聞いてきた。残念だがカザフスタン語なんて聞いた事がないし、当然電子辞書にも入っていない。

そしたらヌルグルは中国語は?というので中国語を聞かせたりしてたが、すぐに飽きたようだ。ヌルグルは飽きっぽいようだ。

クリスチャンが日本人の友人がいるといった。神奈川の鎌倉に住んでいて地元のフィレンチェで仲良くなったそうだ。クリスチャンが、ナイスガイと日本人の友人の話をしていたら、ヌルグルがアーユーゲイ?と言った。クリスチャンは必死でNOと弁解していた。それがとても面白かった。

クリスチャンはよくしゃべる、ビールも一緒に飲んだ。いろんな話をしているが早くて半分くらいしか理解できない。ヌルグルが英語があんまり得意じゃないから早くて解らないとクリスチャンに言った。クリスチャンも笑ってすごくゆっくり解りやすいように話してくれた。これでだいぶ理解できた。ヌルグルは寝た。彼女は飽きっぽいのかイタリア人が嫌いのか、なかなか面白い人だ。

朝までいたイングランド人のベッドが空いていて、そこのベッドは夜に日本人のおじさんがやってきた。彼は少林寺を見に行こうと上海駅まで行ったらチケットがとれず明日になったという事で宿にもどってきたそうだ。

なんだか今日はものすごく国際交流が出来た。それと同時にもっと英語が話したいと思った。



【本日の出費】
○食費
朝・わんたんスープ6元
昼・よくわからないラーメン8元
夜・あげパン3.5元
飲み物・水1.6元、水1.5元、瓶ビール630ml3.8元

○宿泊費
船長青年酒店 1泊ドミ70元

○交通費
タクシー移動11元(初乗り料金)3人で割り勘で約4元×2回=8元

○雑費
ユース会員証発行手数料50元
これでユースホテルの宿泊料金割引価格で泊まれる。

合計
152.4元
15.5元換算=2362.2円

中国滞在費用合計
5267.2円

1日平均
2633.6円



【世界一周旅人ブログもランキング参加中】
世界一周旅人ブログはランキングに参加してます下のリンクをクリックして頂くとランキングポイントが加算される仕組みです。クリック応援よろしくお願いします!
世界一周旅人ブログも参加してます海外旅行人気ブログランキング
世界一周旅人ブログも参加してますにほんブログ村 世界一周
世界一周している方や海外に在住している方などたくさんのブログが参加しています。有名ブログもここから誕生!

世界一周メンバーのブログも参加中です。→

もっちゃんのブログ
もっちゃんの世界一周旅行☆(海外で満身創痍編)
新婚hiroのブログ
世界一周新婚旅行☆ドキドキ地球放浪記
新妻ちゃっぴーのブログ
海外新妻通信☆ちゃっぴーの激安海外生活

海外旅行保険の威力を実感 

世界一周10日目・中国3日目・上海・第一人民病院に宿泊
2008年7月8日

朝、宿に入院中のhiroから電話があった。

ちゃっぴーも熱が出て入院する事になってしまったらしい。昨日、hiroが寝込んでからというもの、ちゃっぴーはものすごく心配してきっと自分がなんとかしなければと思って一生懸命だったのだろう。初日もだいぶ疲れていたし疲労や精神的にも一気に疲れが出てしまったんだと思う。

海外旅行保険が適用され、入院ももちろんキャッシュレスで受けられる。それでしばらく時間もかかりそうだし、病院に私やもっちゃんも家族として寝泊りも食事も提供してもらえるという事で少し心配だったが病院に移る事にした。

宿に保険会社から紹介されたチンさんという日本語が話せる現地スタッフのような役割をされている方が迎えに来てくれるというのでそれまでにhiroたちの荷物をまとめ、自分達の荷物も持って病院にいく準備を始めた。

途中、クリスチャンとガブリエルも起きて心配してくれた。彼らはとてもいい奴だった。別れ際にしっかりと握手をして彼らとも別れた。

チンさんが宿に来てくれた。物凄く日本語が上手で驚いた。荷物を運び出す際にクリスチャンも手伝ってくれた。タクシーで10分ほどで病院に到着した。

病院はとても大きく、大学付属病院で上海でも一番の病院というので少し安心した。通された病棟はVIP病棟、つまり私たちのような外国人向けの病棟らしく物凄くきれいな所だった。

チンさんはとても親切に世話をしてくれる。彼はSOSサービスという会社の所属のようで彼のような人が世界中にいるという。あまり世話にはなりたくないが、なんだかとても安心だ。

病室に入るとhiroが病人姿になっていた。元気そうだったが下痢は収まっていないという感じのようだ。チンさんの話では上海に来る日本人の5割が胃腸炎になるという話だ。私はすこぶる元気だし、食事も普通に食べているが何もなかったので免疫があったのかもしれない。

病室には、ベッドが2つ、シャワー、トイレ、テレビ、冷蔵庫付き、ベランダまであってちょっとしたホテルのような感じだ。もちろんエアコン付きで無料で泊まれる。これはかなり快適生活だ。

ただ、ネットがしばらく出来ていないのが辛い。

食事も量が多い。ただ、上海の料理は日本で食べる中華料理とはまったく味付けが違うので駄目な人は受け付けない感じの味付けだと思う。私も比較的なんでも食べれる方だが、あまり食べたくない味付けも結構ある。

とりあえず、この病院でhiroたちが元気になるのを待つしかない。

もっちゃんとジュースを買いに行った帰り、病棟を間違えて違う建物の5Fに行ってしまった。そこは地元の人用らしく電気も暗くとても古い感じでお化け屋敷のようだった。

私たちは保険によってVIP待遇をされているんだと改めて実感した。海外旅行保険は入ったほうが良いと改めて言っておきたい。万が一の時だけではなく熱が出たりしただけでも利用すれば元は十分に取れると思う。




【本日の出費】
○食費
朝・抜き
昼・病院の食事・無料
夜・病院の食事・無料
飲み物・近くのコンビニでジュースを何本か購入14.4元

○宿泊費
第一人民病院5F・保険適用で無料

○交通費
タクシーはhiroもち

○雑費
初日、ちゃっぴーの荷物が重すぎたらしくだいぶ疲労していたので荷物を送り返す事にした。

郵便局へ行き郵送用のダンボール箱を購入、13元(シェアの為6.5元)

合計
20.9元
約323.95円

中国滞在費用
約5591円

1日平均(海外3日目)
約1863円



【世界一周旅人ブログもランキング参加中】
世界一周旅人ブログはランキングに参加してます下のリンクをクリックして頂くとランキングポイントが加算される仕組みです。クリック応援よろしくお願いします!
世界一周旅人ブログも参加してます海外旅行人気ブログランキング
世界一周旅人ブログも参加してますにほんブログ村 世界一周
世界一周している方や海外に在住している方などたくさんのブログが参加しています。有名ブログもここから誕生!

世界一周メンバーのブログも参加中です。→

もっちゃんのブログ
もっちゃんの世界一周旅行☆(海外で満身創痍編)
新婚hiroのブログ
世界一周新婚旅行☆ドキドキ地球放浪記
新妻ちゃっぴーのブログ
海外新妻通信☆ちゃっぴーの激安海外生活






前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み
世界一周旅人ブログへようこそ!
海外情報盛りだくさん人気ブログランキングは海外在住の方からお得情報まで何かと便利です。
【世界一周参戦中】

人気の世界一周ブログや旅行ブログが勢ぞろい♪
▼▼▼▼▼

日本最大人気ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


▲▲▲▲▲

旅人けーすけは、どこまで上位に食い込めるのか!?

これまでのご訪問者数
世界一周旅人ブログご訪問ありがとうございます。
旅人プロフィール

けーすけ

旅人:けーすけ
千葉県出身。
昭和55年生まれA型の自由人。
お酒好き。映画好き。音楽は洋楽を聞く事が多い。
脚本等を書いたりしてた時期があり、その頃は主にコメディ中心だった、今回の旅ブログは記録としても残したいので紀行文的な文章に初挑戦。また、写真にも挑戦!
2008年6月中旬に世界一周への旅へ出発!

メールフォーム
ここから送信されるメールは直で、旅人けーすけに届きます。旅中に使用するアドレス宛なので、応援や情報提供、お仕事関係などお気軽にご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

世界一周旅人ブログ内の全ての画像の著作権は旅人けーすけに帰属します。無断で複写、転用、転売をすることは禁止させて頂きます。ご用の際はお気軽に上記メールフォームからお問い合わせください。
This blog is...
世界一周旅人ブログは、主に陸路を中心とした世界一周の旅をしながら更新していく旅行記です。旅人けーすけは、1000日間1日平均1000円(ビザ代や大きい移動は除く)の旅を予定しています。旅の予算は160万円ほどです(旅に出る前にかかる費用は含みません)。それ以上の予算を想定している方はもっと贅沢できます。それ以下の予算の方は、日数を減らすかもっと節約する必要があります。参考にする際の目安にして下さい。※追記※1日平均1000円を目指していましたが、実際にこの金額で旅をするなら食事と宿代で1日の予算が終わるという感じで不可能ではないですがあまり楽しくないです。緊急会議の結果日数を700日に減らして1日平均1500円を目指す事に変更します。その分、思いっきり楽しむ事にしました。ブログ名は検索する人が多いので変更しません。(2008/8/27)
世界一周ブログ携帯版
世界一周QRコード
携帯からでも世界一周ブログが見れます。世界一周旅人ブログモバイル版へアクセスしてね
asphalt frustration
通称アスフラ♪おしゃれでポップなバンドです。ここのバンドのボーカルれお君とドラムのきくち君とは一緒に仕事をしてました。私はバンドはやってはいないけど好きな事を一生懸命やっているという意味で同じ人は応援したいです。旅にもiPodに入れて彼らの音楽を持っていきます。知り合いだからとかじゃなくて、普通におすすめできるバンドなのでチェックしてみては?

アマゾンでも高評価♪バンドのメンバーじゃないけどなぜか嬉しい
Asphalt Frustration

2

UNDO, PRAY

アスフラ公式HP
asphalt frustration official


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。